このページは、
事務課総務係が担当しています。
[お問合せ先]
滝川市立病院
事務課医事係
電話0125-22-4311 内線1319

平成28年3月1日に地域包括ケア病棟を新設しました


 「地域包括ケア病棟」は、病状が安定した方を対象に在宅や施設への復帰に向け、治療や退院支援を行う病棟で、平成28年3月1日に新設しました。
 本来は、一般病棟で症状が安定すると、早期に退院していただく事となっています。
 しかし、在宅での療養に不安があり、もう少しの入院治療で社会復帰できる患者様のために、当院では「地域包括ケア病棟」を準備し、安心して退院していただけるよう支援していきます。

 また、急性期(※)の治療を終え、日常生活ができるための積極的なリハビリが必要な方も入院することができます。
 ※急性期とは、急に病気を発症したり、ケガをしたり、新たな病気が発見されたときのことをいいます。

 このようなことから、患者様の病状等をふまえ医師、看護師等医療スタッフの判断により「地域包括ケア病棟」への移動をご案内させていただく場合があります。


★入院費用について
・入院費は、保険診療上で定められた「地域包括ケア病棟入院料」で計算します。
 地域包括ケア病棟入院料には処方・注射・処置・検査・画像診断・リハビリテーションの料金が含まれます。
 ※一部の薬剤等は除きます。

・治療内容によっては、一般病棟より医療費の自己負担が増額する場合もありますが、月の医療費の自己負担限度額は変わりません。
 詳しくは1階医事係にお問い合わせください。

★主治医について
 原則、変更はありませんのでご安心ください。

★入院期間について
 地域包括ケア病棟入室後、60日が限度です。
 ※60日を超えてしまう場合は、一般病棟にお戻りいただく場合がありますが、どちらの病棟であっても、治療や退院支援等は同様に行います。

★その他
 患者様の病状の変化により、主治医が集中的な治療が必要だと判断すれば、一般病棟にお移りいただく場合があります。


【お問い合わせ】
 滝川市立病院
 事務部事務課医事係
 電話0125-22-4311 内線1167
最終更新年月日:2017.04.06
       
Copyright(C) TAKIKAWA MUNICIPAL HOSPITAL All Rights Reserved.
トップ
トップ
トップ