このページは、
事務課が担当しています。
[お問合せ先]
滝川市立病院
事務課
電話0125-22-4311 内線1317

研修医体験記

■平成29年度修了者(2名分)

救急外来での全科当直は大きな経験になりました
 長いようで短いようでやはり長い、そんな不思議な二年間だったように思います。医師になって最初の2年間この場所で様々な経験をさせていただきました。
 1年目は一般内科3ヶ月、循環器内科3ヶ月、外科2ヶ月、小児科1ヶ月、救急(麻酔科)3ヶ月と、基本的な科をまわらせていただきました。2年目は北大リハビリ科1ヶ月、皮膚科2ヶ月、精神科3ヶ月、芦別の有床診療所1ヶ月、整形外科1ヶ月、泌尿器科2ヶ月と、比較的細かく様々な科をまわらせていただきました。
 地域の中核病院の常としてやはりcommon diseaseが多く、3次救急はほぼ経験していないものの、消化管内視鏡、CVポート埋め込み、気管内挿管、脊椎麻酔、神経ブロック、大腿骨骨接合、膀胱鏡、mEST、粉瘤切開など手技としては様々なものを経験させていただきました。
 症例に関しても様々に経験させていただき、特に救急外来での全科当直は大きな経験になったかと思います(脳出血の患者さんを慌てて脳外科へ搬送した、なんてこともありました…)。もちろん、大病院に比べれば、設備も人も不足を感じることは多々ありました。しかし、結局ごく一部の病院を除けば大部分は当院と同程度かそれ以下の医療資源でやりくりしているのが北海道の現状で(地域実習で非常にそれを痛感しました…)、そうした環境を医師人生の初めに経験できたのは非常に良いことだったのではないかと今では思います。
 二年間、本当にありがとうございました。

医局がオープンなブース形式で、各科の先生もコンサルトに寛容です

 私は2年間滝川市立病院で研修させていただきました。

 医局ではどの先生方も優しく声をかけてくださり、仕事の際には、自分の不勉強のためにご迷惑をおかけしてしまったにもかかわらず、お時間を取って理解できるまで優しく指導してくださり、仕事以外では食事や飲み会に連れて行ってくださり、すぐに打ち解けることができたように思います。

 研修に際しては、先生方が積極性に欠ける私に輸液の管理等の知識や手技・手術など色々指導しながら経験させてくださり、理解が遅くご迷惑をおかけしているにもかかわらず、根気強く指導してくださりました。

 医局がオープンなブース形式であり、医師の人数が極端に多くなく、各科の先生もコンサルトに関して寛容で、色々と教えていただけたので幸いでした。

 産婦人科・脳神経外科・神経内科等がなく、内科は循環器内科と一般内科という構成であるために、それらの科も相談出来たらより良かったなと思いましたが、それ以上に様々なことを教えていただくことができ、有意義な研修だったと感じました。

 2年間ありがとうございました。

平成28年度修了者(2名分)

幅広く、自主的に学べます
 滝川市立病院で2年間の研修をしました。
 様々な疾患を幅広くみることができたと思います。病院の規模もちょうどよく、他科の医者にも相談しやすい環境にありました。研修医が経験できる手技も他の病院と比べて少ないということはないと思います。学術的なことは大規模な病院とくらべれば少ないです。

 当直に関しては、1年目は1人の上級医に付いていろいろやらせてもらう形で、2年目からは救急車対応も含むすべての初期対応を自分1人で行い、帰宅可能と判断したなら帰宅させ、入院が必要そうな場合や判断が困った際には上級医に相談するといった感じでした。自分の責任のもとに判断しなければいけないのでプレッシャーもありましたがとても勉強になりました。

 初期研修でも自分の将来進む科の専門的なことを中心にやりたいという人には向かないかもしれませんが、最初の2年間は幅広く自主的にやっていきたいという人にはいいかもしれません。
 自分で学んでいける環境、時間はあると思います。

医局の雰囲気も良く、他科の先生にも気軽に相談できる環境です

 初期研修の1年目をこの滝川市立病院で経験させていただき、循環器内科4か月、小児科1ヶ月、外科2ヶ月、内科2ヶ月、麻酔科3ヶ月とローテートさせていただきました。
 医学的な知識はもちろんのこと、CV挿入や上下部消化管内視鏡などの手技に関しても上級医の指導の下で経験できる機会にも恵まれており、また研修医同士のローテートが被ることもほとんどないため十分な経験を積むことができます。また医局の雰囲気も良く、指導医だけでなく他科の先生方にも気軽に相談でき、学ぶのによい環境かと思います。

 平日や休日の日当直に関しても、自分で日にち・回数などを選ぶことができる点も滝川市立病院の特徴の一つだと思います。救急外来ではCommon diseaseはもちろん、特殊な症例を診る機会もあり幅広く学ぶことができます。

 札幌、旭川からも近いため医学書の購入なども比較的しやすく、忙しすぎて自分で勉強する時間の確保もできないというわけではないので、初期研修する病院を選ぶ際の選択肢の一つとして、まずは一度見学に来られることをお勧めします。
最終更新年月日:2018.05.30
       
Copyright(C) TAKIKAWA MUNICIPAL HOSPITAL All Rights Reserved.
トップ
トップ
トップ